「美しい肌」の定義は人それぞれ・甘酒美容法

そばかすで長年悩んだ私が、欧米人から学んだ新しい見方

私は中学生の頃からそばかすが多く、長い間悩んでいました。

大人になってからも消える気配がなく諦めていましたが、ふとインターネットでアラスカに移り住んだ女性から、そばかすが消えたという記事を見つけました。

そばかすが綺麗に消えることがあるという事自体びっくりでしたが、なによりその事に対するその女性や周囲の声に驚きました。

美しい肌

「チャームポイントだったのに消えて残念」「そばかす可愛いよね」等、今までの私から見れば考えられないような反応でした。

考えてみればそれまでの私は、そばかすを消すことにばかり意識が向いていて、「そばかすのない肌=綺麗な肌」としてしか認識していませんでした。

しかしよく考えてみれば、人種によって肌の色に違いがあっても、それぞれに魅力があり良さがあるように、そばかすのない肌だけが魅力的だという私の考え方そのものが、一種の偏見もしくは個人的な好みであることに気づきました。

もちろん私が今まで感じていたように、白くてしみやそばかすのない肌が素敵だという意見もあるでしょうが、人や見方によっては違う意見もあるのだからと、それからは堂々としていようと思うようになりました。

最近では意識しなくなったせいなのか、不思議と以前ほどそばかすが目立たなくなっています。

自分の理想に近づければ気持ちも明るくなりますし、出来るだけ綺麗にと美容に気を使うのは今も変わりません。

ですが、それを気にするあまりストレスをためることになっては本末転倒ですし、やはり綺麗でいるためには、まず心身の健康が第一ですよね。

現在では、嫌だなぁと思う部分があっても「嫌だと思うのは、まだその部分の良さに気づいていないだけ」と、出来るだけ今の自分を肯定して、そこに良い側面がないかを探すようにしました。

いつも笑顔でいられることが一番ですから。

嫌だと思うのは、まだその部分の良さに気づいていない

甘酒

甘酒による美容法に凝っています。甘酒はお肌、美髪、美白にも効果があるようです。

スーパーなどで手軽に買えるので存続しやすいです。

飲む点滴とも言われているのでわたしは主に飲むようにしています。甘酒×豆乳にしたり、甘酒×ヨーグルトにしてみたり。甘酒は自分で作れるとも聞いたので今度は米麹から自分で作ってみようと思います。

また子どもでも飲めるので日曜日のランチ時などパーティー風にして甘酒を飲ますこともあります。続けてみて、一番に効果がわかるのは髪でした。今までパサパサギシギシしてたのが、しっとりとしてきたようです。

あとは極度の冷え性だったのですが、それも改善されつつあります。美白はまだ目に見える効果はないようですが、春になったら陽射しもきつくなるので、甘酒、まだまだ飲み続けようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です